FC2ブログ
隠れナチュリスト
ナチュリストに憧れるものの、日本国内で実践するほどの度胸もなく、たま~に、海外で愉しんでいます。
ドイツ・サウナ紀行(プロローグ その1)
今年の夏は、ドイツで楽しんでくることにしました。ご存じの方も多いと思いますが、ドイツのサウナは、混浴で、かつ全裸が基本です。日本人にもお馴染みなのは、バーデンバーデン(地名です。念のため。)で、多くの方のブログでも紹介されているようです。

バーデンバーデンには、カラカラ・テルメ(Caracalla Therme)フリードリヒス・バード(Friedrichsbad)という、2つの温浴施設があります。私は以前、両方の施設を訪れたことがありますが、前者はさしずめサウナランド、後者はローマ風呂といったところでしょうか。

カラカラ・テルメは、1階は温水プール(水着着用)ですが、2階はサウナ施設になっており、こちらは水着の着用が「禁止」されています。2階の入り口で水着を脱がなければならないのです。いろいろな種類のサウナが8室ぐらいあって、男女仲良く全裸で入ります。行ったことがない方は、なぜサウナで全裸なのか不思議に思うかもしれませんので、簡単に説明を。

乾燥サウナの場合、木で組んだ階段状の椅子に座るわけですが、衛生上の理由から、地肌が座面に直接触れないようにするのがマナーです。その時、お尻はもちろん、足の裏もです。そうすると、バスタオルを階段状に敷くことになるので、必然的に全裸になるのです。

(つづく。。。)
スポンサーサイト



テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://packkun.blog25.fc2.com/tb.php/18-62567f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック